• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

平成31年1月1日

「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーション

 近年、次世代エネルギーのひとつとして「水素」が注目されています。
 昨年の暮れ、経済産業省から来年度の資源・エネルギー関連予算案が示されました。
 予算案7,230億円のうち水素技術に602億円を計上するなど、水素社会実現に向け重点的に予算配分されるようです。いよいよ日本も水素社会実現に向けて、大きな一歩を踏み出します。

 では、水素にはどのような特徴があるのでしょうか?

 水素には、2つの特徴があります。
 1つ目に、水素は水から取り出すことはご存知の方も多いと思いますが、それ以外にも石油などの化石燃料、エタノール、廃プラスチックなど、さまざまな資源からつくることができます。
 2つ目の特徴は、水素は酸素と結びつけて発電することができ、その際に二酸化炭素を排出しないため、環境対策に役立てることができます。
 この2つの特徴から、水素は資源の少ない日本にとって究極のエネルギー源となる可能性があります。

 水素社会実現に向けて、研究開発や実証試験が今後ますます進んでいきます。水素を大量に利用するための製造、貯蔵、輸送技術を高めること、ガソリンスタンドのように水素を充填する「水素ステーション」の整備などの課題が数多くありますが、日々進歩する水素エネルギー利用の世界に目が離せないですね。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」では、低炭素社会実現にむけて、エネルギーや環境問題について、広く皆様に理解して頂くとともに、一緒に考えて頂く活動を展開しています。現在、一緒に考えて頂ける会員を募集しています。

 会員登録して頂いた方には、講演会や見学会など、様々な事業のご案内をさせて頂きます。
 会員登録は無料です。

 「会員登録」について、詳しくは、こちらをご覧ください。

- このメッセージはレディオキューブ(三重エフエム放送株式会社)にて下記の時間帯で放送しております。
  ・「READY!」(毎週月曜日 8:25~8:27)
  ・「EVENINGCOASTER」(毎週木曜日 17:48~17:50)

前月のメッセージ

ページトップへ